はじめての布団クリーニング

今回の引っ越しと宅配クリーニングで見積もりを出した際、大きな疑問を感じてしまいました。
荷物や布団の中に液晶テレビがあったので、それだけ別に個別の保険をかけることになっているそうです。
問題になったのは40型の液晶テレビで、30万円以上の購入価格であれば、運搬の際に保険をかける決まりになっていると言われました。
安心のためと割り切って、約1500円の保険をかけましたが、この対応はどこでも同じなのかずっと疑問に感じています。一人身のときの引っ越しと宅配クリーニングは、電化製品や家具も大きなものがなく、業者やクリーニング店に頼まなくてもすることができていました。しかし、結婚してから引っ越しと宅配クリーニングをすることになると、洗濯機や冷蔵庫などの電化製品や家具が大きくなり、かなりの大仕事となるため、引っ越しと宅配クリーニング業者に任せました。
引っ越し業者やクリーニング店に依頼すると、家電もちゃんと設置してくれるので、自分で引っ越しをするより楽でした。
以前に私は分譲マンションで二人用のベッドを使用していました。色々あって棲家を手放し、広さが十分でない賃貸へ引越しすることになったのですが、ベッドが部屋に入らないことが判明しました。本意ではありませんが知り合いに譲り、無事に引越っこすことができましたが、今回買ったベッドは再度引越した時に入らないと困るので、シングルを買いました。
引越しする際にエアコンの取り外しが全然わかりませんでした。
知人に聞いたら、自分でするなんて絶対にできないと言われたのです。
そういったことから、エアコン取り付け業者やクリーニング店に連絡して、新居へ持っていけるように、取り外しの作業をお願いしたのです。
すぐに取り外していて、本当に流石だと思いました。
東京都の布団クリーニングの情報

この頃ではもう、知る人も少なくなってきたようなのですが、引っ越しと宅配クリーニングをすると、家族やあるいはお手伝いの人たちと、みんなでソバをたぐる、といった古くからおこなわれてきた習慣があります。由来ですが、どうやらソバの形に掛けまして、ぜひ、細く長いお付き合いをしたいものですと縁起をかついだのと、この度お「ソバ」に引っ越してきたので、以後お見知りおきをなんてシャレも効かせて新居の近所の人達に振る舞ったり、もしくは配ったりしたと言うことです。
我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。少し前に転勤により、引っ越しと宅配クリーニングをしました。引っ越しと宅配クリーニングの日、荷物や布団や衣類を開梱していくと、濡れたダンボールを見つけたのですぐに業者やクリーニング店に電話をしました。その原因は、洗濯機のホースに残っていた水で、それが漏れて出てきて、箱を濡らし、そんな状態で運んできたようです。
他の荷物や布団や衣類に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、ホースの中に残った水を抜く、ということは考え付かなかったので次は失敗の無いようにしたいものです。
厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてしまってある衣類の梱包をする際は業者やクリーニング店からレンタルできる専用の衣装ケースがありますので、これを使うと梱包作業が大変スムーズになるでしょう。通常のダンボールを利用するとたたんで詰めていくので手間がかかりますがこういった衣装ケースの場合はハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。
転居先に着いたら、ケースから取り出してハンガーラックや、クローゼットなどに吊っていけるので、大変便利です。
引越しと宅配クリーニングを業者に要望する場合、衣紋掛けにかかっているコートなどの衣類を事前に外して畳んだりしておくことは不要です。業者やクリーニング店がハンガーが下げられる大きめの段ボールを持ち込んできてくれて、それに投入したまま、トラックで運送してくれます。
シワもくっつかないので、痛み入ります。引っ越しと宅配クリーニング時に大切な点は、傷つきやすい物を厳重に包むという点です。電化製品で箱があるなら、何も問題ありません。しかし、箱を処分してしまったとしても多いのではと思います。
そんな場合は、引っ越し業者の人に梱包してもらうと大丈夫です。
引越しと宅配クリーニング時のちょっとしたコツとは、新居での間取りを考えて、荷造りしていくというものです。段ボールなどに荷物や洋服や布団を詰めていく時に、その荷物や布団をどの部屋へ置くのかを決めて、段ボールの外側に記しておくと新しい家に着いてから余計な動きを省けます。
そして、手続きに必要なものは計画を立てて行うと良いです。