オートローンの金利は種類によって異なる

自動車を買う人のうち、70%が購入資金としてオートローン等の融資を受けているといいます。大抵の場合は、車はお高い買い物です。従って、文房具や小物を買う時のように、レジで精算を終了するという人はわずかです。オートローンを利用するということは、お金を借りるということです。借りた分は、金利に基づく利息を足して、返さなければなりません。金利が何%での貸付を行っているかが、オートローンを選ぶ時には、とても重要な部分です。金利の差といって0.5%差だったり、1%差だったりするので、つい軽視してしまう方もいるようです。けれども、オートローンは借入金額が高額になりやすく、時間をかけて返済をしていくため、わずかな金利差による利息の差も無視できません。金利を甘く見ないで、オートローンを検討する時にはよく目を通すようにする必要があるでしょう。自動車ディーラーが紹介しているオートローンは審査が緩く、金利が高めですが、オートローンの金利は金融会社ごとに様々です。ディーラーでオートローンを組んだ時の見積もり価格を出してもらうと、中古車と下取りや、オプション装備がついてリーズナブルのように見えます。しかし、自動車を購入する場合は、ディーラーとは割引やオプションの話をして、下取りや、オートローンは個別に検討したほうが、よりよいところが探しやすくなります。ローンを組めば分割払いができるということを、大抵の自動車会社はアピールしてきます。ローンを利用してもらうとで、仲介料が入るためです。近年では、インターネットでオートローンの比較や申し込みもできるようになり、利便性が増しています。1%台で融資を行うネット銀行もあるようです。