冷えるとむくみがひどくなるワケ

デスクワークの女性には、脚のむくみに悩む人が多いようです。
一日中座りっぱなしなので、ふくらはぎや足首を使わないことが大きな原因だと言われています。
ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、下半身の血液の流れをつかさどる、ポンプの役目をしています。
確かに、デスクワークだと歩くことが少ないので、ふくらはぎを使う機会がありません。
そうすると、血液だけでなく、リンパの流れも滞ります。
リンパは、身体の下水道の役割を担っているので、滞ると老廃物がたまりやすくなります。
「ふくらはぎを使わない=老廃物がたまる=むくみ」
になるということです。
また、むくみには冷えも関係しています。
身体が冷えると、血液やリンパの流れも悪くなります。
わかりやすく例えると、バターやオリーブオイルなどを冷蔵庫に入れると、固まった状態になります。
が、気温の高い場所に置くと、サラサラの状態になりますよね。
それと同じ現象が、私たちの身体の中でも起こります。
身体の冷えが血液やリンパの流れを滞らせてしまうことで、老廃物がむくみとなってあらわれます。
これを解消するためには、巡りの良い状態にしておくことが必要となります。
具体的には、できるだけたくさん歩くことや、冷えを改善することです。
冷えの改善には、食生活や生活習慣の見直しが大切です。
◆ファストフードやジャンクフードを控える
◆冷たい飲み物は控える
◆寝不足にならないようにする
◆お風呂は湯船につかる
◆適度な運動をする
など、今日からでもすぐにできることから始めてみましょう。
最近は、冷えを改善するヒートスムージーという温活用ドリンクもありますので、取り入れてみるのも良いと思います。