切手の値段の嘘と罠

なるべく高値で切手を売るには、売る業者を選ぶとき、金券ショップを選ぶのではなく、買取業者のうちでも専門のところを選ぶということが大切です。選択の際、注目すべき点は、インターネットで口コミを検索し、良い業者を数カ所選択して、各々の業者に値段をつけてもらい、評価額が高かった業者へ決める、ということをおすすめします。通常の場合、一枚の切手の値段がものすごく高い値段になるということはあまりなく常識的な範囲の量の切手を買い取ってもらう時、税金のことを考慮する必要はありません。ただし、切手と言っても本来の切手の料金以上に価値があるものもありその様なものをまとめて売った時にびっくりするほど高値になり税金の申告をする必要が出てくる可能性があります。梅雨時は特に心配なのはカビです。
幸いにも今年の被害は少なくて、掃除も終われるなと思っていたら、父の生きていた時に集めていたバラの切手やシート切手、記念珍しい切手等、多くの種類の切手のアルバムの束を見つけました。見た目では傷みはありませんが、このまま継続してうちに置いていても劣化が心配です。
やがて近いうちに買取に出してしまってもいい時期が来たと言えるのでしょうか。
「切手を売りたいなあ」と思い立った時は、とりあえずは、リサーチにより高く買い取ってくれるようなところを見つけるのがいいでしょう。
役に立つのはネット上に書かれている多くの口コミです。本当に利用した感想が残っているので業者選択の際の一助となるます。
なお、本当に信じていい業者なのかどうかについての貴重な根拠にもなり得ますのでいろいろなサイトを見て、調べてみるべきです。
使ってないし、今後も使う予定のないような切手が手元にあるならばおすすめなのは、買取専門鑑定士に買い取ってもらう方法です。
買取額には、業者間で差がありますので高い値段で取引したいのであればまず先に、査定をしてもらった結果を比較するべきです。
それだけではなく、その時々で相場も変化していくので買取表等を載せているウェブのページで確認してみましょう。
コレクションとして集めるために切手をほしがる人がいるということを発行者も理解していて珍しい切手自体は発行する時の費用がそうかかるわけではないので何かにつけて記念切手が発行されることは多いです。その類の記念珍しい切手というのは高価買取される場合もありますが記念切手でも、手に入りやすいものならばそんなに高値になることはありません。あまり期待しない方がいいですね。切手を業者に買取して貰う時、通常、元々の切手の値段よりいくらか安値で売ることになります。
ところが、中にはコレクターに人気の価値ある珍しい切手もあり高値で買い取ってもらえることもあります。
珍しい切手の価値は買取に出す前に多少は分かっておいた方がいいと思います。
お宅に届いた郵便に案外、希少価値の高い切手が使われていることがあります。そういった切手だった場合は業者に売ることをお勧めします。
もし消印が押されていても心配はありませんが全く使っていない切手と比べると売れる値段は安くなります。
希少価値の高い切手を持っているのなら、買い取ってもらいましょう。
高価な切手が隠れているかもしれません。
「使い終わった切手に値段なんてつかない」と考えている人もいるかもしれませんが実際試してみるとそうではない可能性もあります。
古いものの中でも、コンディションがよくコレクターの中で需要の高いものであると「もうこの切手使ってあるけれど」という場合でも買取に応じてもらえる場合があります。もしも、「そういう切手、うちにある!」と心当たりがあるのであれば是非切手の買取業者へ聞いてみましょう。ほぼすべての切手を買い取る業者ではプレミア切手として扱われる切手の買取の受け入れも行っています。
「プレミア切手って何?」という人も多いと思います。
これは、明治、大正、昭和戦前戦後の頃の切手のことで、よく知られているのは「見返り美人」「月に雁」というものです。
大変希少バリューのあるもので纏まったコンディションでなく一枚ずつになっていても高く買い取られる見込みがあります。