専門学校に通い学んだ事

私は高校の頃大学を目指して進学クラスに入りました。私の年代はベビーブームの世代で受験者が多く、一生懸命に受験勉強して、受験しましたが、全ての大学に不合格になってしまい、浪人しようにも来年受験に合格する保証はありませんでした。その頃は父親も元気で私は父親に頼っていましたので、受験の費用も父親が払ってくれて今になってありがたみが分かりました。

友達のお姉さんがトリマーの仕事をしていまして、トイプードルをたくさん飼っていまして、その友達の家によく遊びに行っていまして、「こんな仕事もいいな。」と影響され、しかも、テストが無いそうで、トリマーの専門学校に通う事にしました。父親も賛成してくれて、県外でしたので1人暮らしをするために父親にアパートを借りてもらい、家電品なども買ってもらい、引っ越しました。お金は父親が全部払ってくれました。

授業は週に3日でそのうち土曜日は午前中で授業は終わりました。たいていの生徒達は、休みの日にペットショップでアルバイトしていました。私も練習のためにペットショップでアルバイトしていましたが日給3000円と、とてもじゃないですけど生活していけないので、父親に仕送りまでしてもらっていました。
その頃、父親の仕送りで遊び放題遊んでいましたので、今になってお金の大切さが分かりました。

ヒューマンアカデミー仙台はこちら