手ずくりのドクダミローションでしっとり肌に

春先から夏に向けて白い花を咲かせる、庭に生えているあのドクダミの葉を使用して、ローションをハンドメイドしています。
ドクダミは強い匂いを放つ植物として、たいてい嫌われることの多いものですが、化粧水にして使うと肌にはメリットがあります。
保湿作用の他ドクダミに入っている成分が肌へと伝わると、元気になります。レシピはとても簡単です。ドクダミの葉と茎の部分を採取してから洗い、お湯で煮出ししていきます。その汁を冷やして出来上がりです。精製水とアルコールさえあれば、誰でも簡単に作れます。
ドクダミ特有のあの匂いは、化粧水にする頃には緩和されてきます。肌につけたあとはしっとりとした感触を確認できますし、フェイシャル以外の部位にも応用可能ですよ。
例えば腕、首などに利用できます。アレルギー症状が出れば、やめるようにした方がいいでしょう。嫌われもののドクダミですが、ローションにすればしっとりして気持ちいいですよ。