歯周病とタバコの関係

歯周病は歯垢(プラーク)が原因で発症し、症状が悪化していくのですが、歯垢(プラーク)だけでなくタバコが原因で歯周病の症状が悪化し、さらにタバコを吸っていると、歯周病の治療を行っても治りにくいといわれています。
あるデータによると、タバコ喫煙者は吸わない人に比べて2?6倍、歯周病になりやすいとされています。
そして、喫煙歴が長く、1日の喫煙本数が多ければ多いほどその倍率は高くなります。
今現在では歯周病になっていない方でも、喫煙を続けていると歯周病へのリスクが高くなり、逆に禁煙すると歯周病へのリスクが下がります。
このように、歯周病予防のためにもタバコは吸わないことをおすすめします。
なぜタバコが歯周病の症状を悪化させ、治りづらくしてしまうかというと、人間の身体にはケガや病気をしても自然治癒力が備わっているので、ある程度の病気やケガであれば勝手に治っていくものなのですが、タバコに含まれるニコチンが自然治癒力を弱めてしまいます。
ニコチンは毛細血管を収縮させ、その結果毛細血管の血流が悪くなり、タールが歯や歯茎に付着することで、歯周組織の細胞の炎症を治す働きが弱くなります。
さらに、タバコはからだの免疫能力を低下させるだけではありません。
歯周病菌のエンドトキシンなどの毒性を高め、体を守る働きや、自己修復する働きを弱めてしまいます。
浅い歯周ポケットの中でも、病原性の高い歯周病菌が繁殖するリスクが高くなります。
また、タバコにはニコチン以外にも多くの有害物質が含まれており、それらの有害物質が唾液の分泌量を減少させたり、歯垢(プラーク)を付着させやすくするため、タバコを吸う人は歯周病になりやすいうえに歯周病が治りづらく、そしてたとえ完治しても再発しやすいということになります。
タバコは気管や肺などの器官への悪影響だけでなく、毛細血管の循環障害や免疫能力の低下、歯周組織の細胞への影響、そして細菌への影響と多くの要因でマイナスの影響を与えている事が懸念されます。
タバコをやめない限り歯周病は治らないとさえいわれているぐらいなので、歯周病を完治させ、再発を防ぎたい場合は、タバコをやめるのが近道である事は間違いありません。
歯周病,予防,タバコ,喫煙,ニコチン