男性のパンツ選びというものは意外に難しい

男性のパンツというのは意外に選ぶのが難しいものでして、学生時代に一人暮らしをしていたので黒かグレー以外考えられないのです。
なぜならば、汚れが目立つと外に干すのが恥ずかしいですし、トランクス以外のカタチだとやはりこれも外に干すのが恥ずかしいので私は基本的にトランクスタイプの黒かグレーしか身につけません。
基本的にパンツ一丁でも恥ずかしくない、水着の様な感覚で履けるパンツを目指しており、いくらトランクスタイプでも柄物やチェックでは絶対にダメなのです。
最近履いている増大パンツは磁石が入っていたりして柄やデザインが派手なものが多いので、地味なものを探すのに少し苦労しています。
>>増大パンツの詳細はこちら
高校生くらいからパンツ、パンツした下着が嫌いで、それからトランクス一筋なのですが、世の中はボクサーパンツブームらしく中々黒のトランクスが売っている店を見つける事ができずに、妥協して黒のボクサーパンツを選ばざる得ないのが現状です。
それにサイズも男性にとっとは大問題であり、外出用のパンツは緩すぎずきつ過ぎずでなければならず、就寝用、おうち用のパンツはキツいと寝れないリラックスできないので、その使い分けも大変です。
彼女といる時にそんなゆるゆるのパンツを履くわけにはいかず、ちょうどいい具合の感じのゴムの感じのパンツというのは同じLサイズでも中々ないので悩まされるところなのであります。
男性にとってパンツのゴムのサイズというのは永遠のテーマであり、永遠に悩まされ続けるものであると思いますし、ゴムに変わるなにかいいモノが開発されるといいのになぁと切に願う次第であります。